運動したくてもできないし

2014/08/24

産後や病気をした後には、激しい運動をすることは控える必要がありますが、ダイエットにとっては困ったことになります。ダイエットを成功させるためには、体をしっかりと動かして筋肉を鍛えて基礎代謝量を増やすことが絶対に必要になります。長く運動不足の状態が続く場合は、基礎代謝量が減ってしまって太りやすい体質へと変化してしまいます。 激しく体を動かさなくても、基礎代謝量を保つ方法はあります。室内で体操やストレッチを20分ほどもするだけで、有効な有酸素運動になります。ラジオ体操は座っても行うことができるため、産後の人にとっても負担が少ないという利点があります。 食事では脂肪分の摂り過ぎには十分に注意します。野菜をしっかりと摂取して、筋肉を作るために低脂肪で高タンパクな食品を食べることも大切です。座ってもできる体操は朝と夕方に分けるなどして、1日に2回は行うと効果的です。安静にして何もしないよりも、少しでも体操をして体を動かしたほうが痩せやすくなります。


▲ページトップに戻る